2015年07月15日

【SFC】MOTHER2 ギーグの逆襲

unnamed (1).jpg
『MOTHER2 ギーグの逆襲』

任天堂の岩田社長が亡くなられたと報道で知りました。

HAL研究所でゴルフ、バルーンファイト、星のカービィなどのヒット作を作り出した岩田氏。

追悼の意を込めて今日はMOTHER2です。

1994年に任天堂からスーパーファミコンで発売されたロールプレイングゲーム。

前作MOTHER同様に糸井重里による独特の台詞が話題になった。舞台はやっぱり同じくちょっと前のアメリカという感じ。

特徴的なシステムと言えばシンボルエンカウント方式を採用した点と、戦闘時のドラムロールシステム。

今でこそ珍しくないシンボルエンカウントだが、当時では画期的であったし、主人公が強くなると敵が逃げるし、戦闘するまでもなく勝利になる演出などはかなりユニークだった。

ドラムロールシステムは敵から大ダメージを受けてもHPは徐々に減っていくので、素早く回復すれば助かる事が出来るというちょっと変わったシステム。
unnamed.jpg
グラフィックも柔らかいテイストになっており、初代MOTHER同様に誰でも楽しめるゲームとなっている。

キャッチコピーは『大人も子供もお姉さんも』である。

しかしMOTHER2は発売延期を繰り返し、多くのバグ問題を抱え、発売中止寸前まで追い込まれていた。

ヘルプとして岩田氏が呼ばれ、「このプログラムを修正すると完成まで2年かかるが、私が1から作り直して良いなら1年以内で完成させます。どちらが良いですか?」と発言したのは有名である。

結局岩田氏が作り直して見事に1年以内で完成させた。岩田氏は「プログラマーはNOと言ってはいけない。」という信念を持ってゲームを作っていたらしい。

ゲーム界において重要な人物を失うのはやはり残念でならない。

ご冥福をお祈りいたします。

posted by デコ at 11:57| Comment(0) | スーパーファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

【FDS】風雲少林拳 暗黒の魔王

unnamed (1).gif
『風雲少林拳 暗黒の魔王』

1988年にジャレコがディスクシステムで発売した格闘アクションゲーム。

前作『風雲少林拳』の続編である。

このゲームはストーリーを語る部分と格闘アクション部分で構成されている。

ストーリーは当時としては頑張っているビジュアルで、ちょっと『らんま1/2』っぽい絵柄である。

しかもストーリーには分岐もある。
unnamed.gif
格闘アクションは前作の反省からか、操作はしやすくなった。それでもスト2等と比べ物にはならないが、ファミコンと考えるとまあ我慢できるレベルである。

そしてこのゲーム、地味に3Dシステムに対応している。

ジャンル的に3Dシステムに対応させた意味がいまいちわからない。流石ジャレコだ。


posted by デコ at 10:00| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

【FDS】バイオミラクル ぼくってウパ

unnamed.jpg
『バイオミラクル ぼくってウパ』

1988年にコナミがディスクシステムで発売した横スクロールのアクションゲーム。

プレイヤーはウパ王子を操作する。

ウパ王子はミラクルな赤ちゃんで、生後1ヶ月でハイハイを覚え、さらにベルを取ると一定時間二足歩行になり無敵になる。

武器は赤ちゃんらしくガラガラ。このガラガラで攻撃すると敵を風船のように膨らませることが出来る。

膨らんだ敵は上から乗れば足場に出来る。

下や横から体当たりすることで飛び道具として攻撃に使うことが出来るが、跳ね返ってきたりしてウパに当たるとダメージをくらう。
unnamed.png
全体的に可愛い雰囲気とキャラクターで統一感があり、ゲーム自体も良くできているアクションゲームであるが、結構難易度は高い。

足場が狭かったり、ステージボスも一筋縄にはいかないが、面白いので是非プレイしてみてほしい。

posted by デコ at 20:53| Comment(2) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

【FDS】アスピック

unnamed.gif
『アスピック』

1988年にボーステックがディスクシステムで発売したアクションロールプレイングゲーム。

前作は『リザード』という名前のパソコンRPGである。このアスピックもパソコンからの移植である。

ストーリーは蛇の姿をした魔王(アスピック)に囚われたお姫様を救えば婿にしてやると王さまに言われ、旅立つというシンプルなもの。

だが、衝撃的なエンディングがプレイヤーを待っている。

フィールド移動はドラゴンクエストと同じ感じだが、塔に入ると3Dダンジョンとなる。この3Dダンジョンの移動が殺人的に遅く、しかも3Dダンジョンなのにジャンプで、上の階に移動したりするので迷路が複雑過ぎてギブアップ必死である。
o0256024010206162818.gif
敵に遭遇すると横視点のアクションになる。

当時としてはディスクシステムの少ない容量で色々挑戦している感じはするが、全てが噛み合っていない。

ここで問題のエンディングを紹介。

アスピックを倒した主人公はお姫様を救い、王様が待つお城に帰ってくる。しかし、王様から「こやつを城の外に出せ!」と言われ、追放されてしまう。

主人公は人間不振に陥り、魔物を仲間に連れて城を襲う。

王様を倒した主人公がお姫様を妃にするため部屋に入るが、その姿を見たお姫様は恐怖の悲鳴をあげる。

主人公はお姫様の部屋に置いてあった鏡に映った自分を見る。そこには蛇の悪魔、アスピックの姿があった…

posted by デコ at 18:29| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

【FDS】ワードナーの森

unnamed.jpg
『ワードナーの森』

1988年にタイトーがディスクシステムで発売したアクションゲーム。

アーケードからの移植で、他にもメガドライブ版がある。PCエンジンでも発売を予定していたが、度重なる延期の末、ついに発売されることは無かった。

ゲームは横スクロールのアクションゲームで、主人公は水晶に変えられてしまったお姫様を救うため、ワードナー討伐に向かう。
unnamed.gif
主人公は炎の魔法が使えるが、初めは威力も弱い。お店でアイテムを購入してパワーアップをしながら進んでいこう。

全体的には良くできているゲームだと思う。8ビットのファミコンなので見た目はアーケードに比べるとアレだが、ディスクシステムの横スクロールアクションゲームとしてはかなりの出来と言える。

posted by デコ at 20:22| Comment(2) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする