2015年07月07日

【FDS】おもいっきり探偵団 覇悪怒組 魔天郎の挑戦状

unnamed.jpg
『おもいっきり探偵団 覇悪怒組 魔天郎の挑戦状』

1988年にバンダイがディスクシステムで発売した。アクションゲーム。

多分ファミコンで一番画数が多いタイトルのゲーム。

当時日曜日の朝に放送していた子供向け番組のゲーム化。

視聴率が良かったのか、一年毎に色々似たようなシリーズが続いていた。

私も兄と一緒に毎週観ていた。日曜日の朝はキン肉マンや、ビックリマンなども放送されており、楽しみが多かった。

さて、ゲームの方であるが、このゲームはワゴンで購入し、あまりのつまらなさに直ぐに書き換えた記憶がある。

プレイヤーは覇悪怒組のメンバーとして入団テストを受けることになる。
unnamed.gif
この入団テストがミニゲームとなっており、上から落ちてくる薔薇をひたすら拾ったりする。このミニゲームをクリアしなければゲーム本編は始まらない。

私はこの時点で飽きた。

バンダイ特有の安易なキャラゲーである。

posted by デコ at 19:03| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

【FDS】エキサイティングサッカー

unnamed.jpg
『エキサイティングサッカー』

1988年にコナミからディスクシステムで発売されたサッカーゲーム。

まだJリーグも始まる前だし、あまり日本ではサッカーについてウンチクを語る人はまだ少なかった時代に発売された。

真上からの視点で展開するゲームで、フィールドを縦に配置し、上から下に、下から上に攻めていくスタイル。

この縦スタイルはまだパソコンや、ゲーム機の性能が高くない初期の時代に多かったスタイルである。

ファミコンには初期に任天堂から『サッカー』が出ていた。

任天堂のサッカーは横に攻めていくスタイルだが、動かせる選手が5人しかいないなど圧倒的に少なかった。

このエキサイティングサッカーも人数は少ない。しかしボールや選手の動きに関してはかなりマシになったと思う。
unnamed.png
それでも今やるとグラフィックも貧弱だし、かなりきつい出来である。オフサイド判定も無さそうだし、チームを強化していくことも出来るがあくまでもチームとしてであり、個人の選手のパラメーターを上げるわけではない。この点に関しては当時でも時代遅れという感じだった。

posted by デコ at 19:20| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

【FDS】エキサイティングベースボール

unnamed (1).jpg
『エキサイティングベースボール』

1987年にコナミがディスクシステムで発売した野球ゲーム。

ディスクシステムでスポーツゲームを次々とリリースしていたコナミ。

ファミコンには『プロ野球ファミリースタジアム』のヒットで人気ジャンルとなっていた野球ゲーム。

各社からそれぞれファミスタに続けと野球ゲームが出ていたが、ディスクシステムでは出ていなかった。そこに目をつけたのがコナミであった。

ディスクの特徴を生かし、チームエディットが出来て、それを保存できる。

データを持ち寄ればトレードも可能だ。

っと、面白そうな要素がてんこ盛りである。しかし、ゲームの方の出来はパッとせず、ファミスタには到底及ばなかった。
unnamed.jpg
バッティングシステムは当時としては画期的で、今で言う同社のパワプロの前身と言えるもの。しかし、ゲーム画面はとても地味なものであった。

しかしコナミは諦めず、MSX2で『激突ペナントレース』、ファミコンに『がんばれペナントレース』という野球ゲームをリリースし、パワプロに繋げていくのであった。

posted by デコ at 18:48| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

【FDS】19(ヌイーゼン)

unnamed.jpg
『19 (ヌイーゼン)』

1988年にソフトプロがディスクシステムで発売したシミュレーションゲーム。

19と書いてヌイーゼンと読む。

ゲームの方は森、水、山、砂という軍隊があり、プレイヤーはそれのいずれかを率いて他軍を全滅させればクリアとなる。
unnamed.png
軍隊にはそれぞれの特徴がある。(水は行動力が高いとか、山は力が強いとか)

戦闘シーンはよくある升目に沿ってユニットを動かしていくタイプだが、このゲームでは味方と敵とが交互に動くのではなく、なんと同時に動く。

動かす前に行動を決定しておくと、その命令通り動く。

敵がどのように行動をするのかを先読みしていく必要がある。

地味なゲームだがファンもいる作品で、今のハードでアレンジされたら面白そうな気もする。

posted by デコ at 13:04| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする