2015年07月22日

【FDS】亜空戦記ライジン

unnamed.jpg
『亜空戦記ライジン』

1988年にDOGグループがディスクシステムで発売したシューティングゲーム。

ディスクシステム発売当初から開発されており、幾度の発売延期を経て書き替え専用ソフトとして地味に登場した。

戦闘機とロボットに変形する自機を操り、ステージのキーアイテムをゲットしてボスを倒すとクリアとなる。全5ステージ。
unnamed.png
ゲームの出来については非常に厳しいものがあり、3年も開発していてこの出来とは恐れ入る。

恐らくどうにも収集がつかなくなりコストのかからない書き替え専用として発売したのだろう。

グラフィックも地味だし、敵もやたら堅くて倒せないので爽快感の欠片もない。

全5ステージだが、同じようなステージばかりですぐ飽きる。

やはりシューティングはハドソンやタイトー、コナミ、ナムコあたりがこの当時では良いのが多い。


posted by デコ at 18:37| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする