2015年09月29日

【FC】ファミリーテニス

images.jpg
『ファミリーテニス』

1987年にナムコが発売したテニスゲーム。

まぁ、普通のテニスゲームなのだが、対戦キャラクターに能力の違いがあり、個性を出したのはファミコン初だったような気がする。

さすがファミリースタジアムを作ったナムコである。
images.png
このファミリーシリーズは『ナムコなら安心』という当時のユーザーに知らず知らずの内に浸透していたように思う。

『ファミリースタジアム』『ファミリージョッキー』『ファミリーマージャン』など全て面白かった。

アイドルマスター辺りからDL商法が酷くなってきたナムコであるが、当時を思いだし再び真面目に面白いソフトをつくってもらいたいものである。


posted by デコ at 08:05| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

【FC】JJ

images.jpg
『JJ』

1987年にスクウェアが発売したアクションシューティングゲーム。

同社のディスクシステムソフト『とびだせ大作戦』の続編である。

『とびだせ』では明るくポップな印章だったが、『JJ』では暗く敵キャラクターも機械的なものが多くなった。
images.png
ゲームシステムはあまり変化はないが、3Dシステムに正式に対応している点が進化ポイント。

前作では赤青メガネで立体ですよ〜。と売りにしていた。

マイナーチェンジという感じが強いが、それでもファミコンでの滑らかな立体スクロールは技術力の高さが伺える。


posted by デコ at 00:00| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

【FDS】上海

unnamed.jpg
『上海』

1987年にサンソフトが発売したパズルゲーム。

積み上げられた麻雀パイをルールに従い取っていき、最終的に全て取ることが出来ればクリアである。

ファミコンの他にもパソコンや、様々なゲーム機にも発売さた有名なゲームである。

基本的にはどの上海を遊んでもほとんど同じなのだが、機種によっては制限時間があったり、対戦ができる物もある。
images.png
あとはグラフィックの違いくらいか。

どの機種の上海をプレイしてもあまり代わり映えしないので、今更ファミコン版を遊ぶ必要もない。


posted by デコ at 19:19| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

【FDS】じゃんけんディスク城

images.jpg
『じゃんけんディスク城』

1992年に徳間書店からディスクシステムで発売したパズルゲーム。

ディスクシステム最後のゲーム。

お馴染みグー・チョキ・パーの駒を動かして道を作っていく。

グーはチョキに勝つので、チョキの駒を消すことができる。

他には色の要素もある。
images.png
キャラクターはディスクシステム最後に相応しくディス君を採用。

ルールを聞くと何か面倒なゲームではないか?と思ってしまいがちだが、実際はそうでもない。

難易度もやさしめで、割りとサクサク進むので機会があれは遊んでみて。


posted by デコ at 08:01| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

【FDS】ぷよぷよ

unnamed.jpg
『ぷよぷよ』

1991年に徳間書店がディスクシステムで発売したパンゲーム。

開発はコンパイル。

ご存じ『ぷよぷよ』の最初の作品である。同時にMSX版も発売された。

落ちものパズルと言えば『テトリス』だった当時、地味にデビューを果たした。

コンパイルが発行していたディスクステーションというディスク付きの雑誌があり、その中で収録予定だった落ちものパズルを改良したものである。
images.png
消す対象がブロックではなく、ぷよぷよしたスライムというのが当時珍しかった。

この『ぷよぷよ』は一部の雑誌では特集を組まれる程の扱いを受けたが、一般にはヒットしなかった。

その後対戦を重視したアーケード版を発売し、大ヒットを記録した。


posted by デコ at 12:02| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする