2015年10月13日

【FC】プロ野球ファミリースタジアム87年度版

unnamed.jpg
『プロ野球ファミリースタジアム87年度版』

1987年末にナムコから発売された野球ゲーム。

前作『ファミリースタジアム』のマイナーチェンジ版である。

パッケージも同じ絵であるが、こちらは『87年度版』のシールが貼ってあった。

選手の更新を行っているだけでなく、ゲーム性も手が加えられており、前作よりも投手が強く、打者が弱くなった。

チーム数も10チームから12チームに増えているが、日本のプロ野球のチーム全て登場するわけではない。
pose.gif
前作に引き続きナムコスターズが登場するのと、今作はメジャーリーガーズが登場する。

マイナーチェンジ版ではあるが、この87年度版も大人気であった。

ナムコ、美味しい仕事みつけたなぁ。今はコナミか?


posted by デコ at 16:04| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

【FC】ファイナルファンタジー

images.jpg
『ファイナルファンタジー』

1987年末にスクウェアが発売したロールプレイングゲーム。

それまでファミコンのロールプレイングと言えばドラゴンクエスト。

他のロールプレイングは少し劣る印象があった。

しかし、ファイナルファンタジーはそれまでのドラクエ模倣作品とは違い、様々なドラクエとの差別化を図った作品だった。
images (1).jpg
サイドビューの戦闘画面。パーティーはジョブも自由に組み合わせて冒険をする。魔法は店で買う。様々な乗り物。印象的なオープニング演出。音楽もどこか悲しげで違ったベクトルを兼ね備えていた。

ストーリーも一作目にして中々凝ったもので、時空を越えての冒険なのである。

今プレイすると難易度が高く、少々面倒な点も多く感じられるが、PSP版も出ているので一度はプレイしてみてはいかがだろうか。


posted by デコ at 23:33| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

【FC】タイトーグランプリ 栄光へのライセンス

unnamed.jpg
『タイトーグランプリ 栄光へのライセンス』

1987年にタイトーが発売したレースゲーム。

レースに勝利していき資金を増やしていき、車を改造したり、ライセンスを取得したりすることでよりレベルの高いレースに参加出来るようになるなど、かなり凝った仕様だった。
unnamed.gif
しかし余計なものは一切無く、純粋にレースゲームとして楽しめる。

終盤にはF1カーに乗れるなど、スピードもアップしていく。

グラフィックはセガの『アウトラン』の影響を受けていると思われる。

海の横を走行したりする場面があり、家庭にアウトランがやって来たかのような衝撃を受けた。


posted by デコ at 18:16| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

【FC】カルノフ

images.jpg
『カルノフ』

1987年にナムコが発売した。横スクロールのアクションゲーム。

オリジナルはアーケードで、データイーストがリリースした。それのファミコン移植版。

神の使いであるカルノフが地上世界で悪さをする悪魔を倒しにやって来るという内容。

神の使いと言えばもっとスマートなイメージがあるが、カルノフはハゲデブ髭おっさんである。

さすがデータイーストである。強烈過ぎて絶対忘れないキャラクターなのであった。
images.png
ゲームの方は動きは若干遅めだが、攻撃は連打が出来るので、シューティングゲームのよう。

敵の攻撃も連打で力押し出来るものが多く、そこまで難しくはない。

ステージ最初には神様直々にヒントを教えてくれるが、神の使いに任せるのではなく初めから神様が悪魔を倒しに行けば良いのにと誰もが思うことだろう。

なかなかの名作アクションゲームだと思うので一度プレイしてみてはいかがだろうか。

posted by デコ at 11:35| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

【FC】エキサイティングボクシング

images.jpg
『エキサイティングボクシング』

1987年にコナミから発売されたボクシングゲーム。

コナミからは他にも『エキサイティング〜』というスポーツゲームが出ているが、何故かこのボクシングだけディスクシステムではなくカートリッジで発売。

しかも普通のコントローラーでは操作出来ず、専用のコントローラーを使用する。

この専用コントローラーが物凄い代物だった。

空気をいれると、サンドバッグのような巨大な対戦相手が登場。

ポンプが付いているが、デカイので空気を入れるだけで一苦労だ。

このエアーバッグを直接殴る事で取り付けられているセンサーが反応し、画面内のプレイヤーが攻撃するのである。
images.png
体感ゲームのブームに乗って製作されたのだが、この専用コントローラーはとんでもなくレア物で、売っているところを目撃したことがない。

しかもエアーバッグを殴りつつ画面も見なければならないのでプレイ感覚の違和感は半端無いだろう。


posted by デコ at 10:35| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする