2015年12月09日

【FC】シュワルツェネッガー プレデター

unnamed.jpg
『シュワルツェネッガー プレデター』

1988年にパック・イン・ビデオから発売されたアクションゲーム。

映画原作のゲームで面白いゲームって中々思い付かないし、パック・イン・ビデオのゲームで面白いゲームも思い付かないので、必然的に二重苦を強いられたゲームである。

ゲームの方はビッグモードと、ノーマルモードという2つのモードを繰り返し、全26面をクリアするという内容。

まずはビッグモード。
images.jpg
キャラクターの大きさにまず驚く。ファミコンでこれは凄いかもしれない!しかし、背景は水色一色だし、敵は良く分からない泡みたいな物体。動きもぎこちない。

強制横スクロールで、銃をぶっぱなしなから進んでいく。因みにポーズ機能がない。

ステージ最後にはもうプレデターが出現する。倒すと面クリア。

次はノーマルモード。プレデターを倒したのに何故かゲームは続く。

ノーマルモードは大きさは普通で、任意スクロールという本当に『普通』なモード。攻撃方法が何故かパンチ。さっきの銃はどうしたシュワちゃん。このモードはポーズ機能がある。とにかく穴に落ちやすい地形が最大の敵である仕上がり。

恐らく2つのモードの制作者が違うと思われ、それら中途半端な2つをくっつけたので、『まぁこれでよかろう!』という制作者の妥協の声が聞こえてきそうなゲームである。


posted by デコ at 13:21| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする