2016年04月18日

【FC】シャーロック・ホームズ 伯爵令嬢誘拐事件

images.jpg
『シャーロック・ホームズ 伯爵令嬢誘拐事件』

1986年にトーワチキが発売したアクションアドベンチャーゲーム。

ホームズを主人公としたゲームなのだから素直に推理アドベンチャーにすれば良いものを何を血迷ったか横スクロールのアクションである。

セリフは全てカタカナで表記されており読みにくい。まあそれだけならリンクの冒険もカタカナだったし、この当時なら問題はない。

このゲームの問題はどうでもいい内容のセリフである。

どう考えても事件とは関係がなく、且つセンスもないセリフが多いのである。

しかも、ホームズは街の人に体当たりされると体力が減っていく。それも連続ヒットであっという間にゲームオーバーになることも多い。

ホームズ以外は敵なのである。中には拳銃で撃ってくる者も。

イギリスって怖いところなんだなぁ。
images.png
と言うか、ここまで街の人に攻撃を受けるとは本当はホームズが悪人なんじゃないの?

ちなみに銃弾を避けようとしゃがむとホームズの顔面に直撃!

立っていようがしゃがんでいようが銃弾には当たるのであった。じゃあ何でしゃがむアクションがあるんだホームズよ。

唯一ジャンプで避けることができるが、タイミングがシビアで非常に難しい。

一般人を蹴りまくりのホームズさん。

ファミコンでは有名なクソゲーとしての評価を得ている本作。

シャーロック・ホームズが好きな人ほどプレイしてはいけない。


posted by デコ at 14:30| Comment(2) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

【FC】燃えろ!!プロテニス

unnamed (1).jpg
『燃えろ!!プロテニス』

1988年にジャレコが発売したテニスゲーム。

『燃えろ!!シリーズ』の1本。

それまでのファミコンのテニスゲームにはなかった少しリアルなキャラクターと、審判が喋る事、あと変な箱がウリ。

こういう特殊な箱は収納に困るので迷惑でしかない。

同じシリーズの燃えろ!!プロ野球のような理不尽なバグはないので、ある意味肩透かしな作品ですが、選手の動きが異常に遅いなど、悪い部分もしっかり継承している。
images.jpg
足が遅いのに球は異様に早いなどゲームシステムには問題があり、そのため難易度は高い。

ファミコンにしてはグラフィックは頑張ったという他は特に取り上げるところは特にない(ブログの記事にするネタがない)困ったゲーム。


posted by デコ at 18:38| Comment(2) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする