2017年06月20日

【FC】がんばれゴエモン外伝 消えた黄金キセル

unnamed (1).jpg
『がんばれゴエモン外伝 消えた黄金キセル』

1990年にコナミが発売したロールプレイングゲーム。

当時コナミと言えば良質なアクションや、シューティングを作る会社として支持を得ていた。

そのコナミがゴエモンを使って自社初の本格ロールプレイングを出した。

内容の方は和風でありながら、ゴエモンならではの何でもありな世界観である。

南国に行ったり、UFOが飛んできたり、リニアや飛行機に乗ったりして旅をする。

登場キャラクターはお馴染みえびす丸、コバンネコ、ヤエちゃんなど。

えびす丸はオープニングでゴエモンと出会うシーンが描かれている。

ヤエちゃんはこの作品が初登場のくの一。男ばかりの中の貴重な紅一点。
unnamed.png
全体的にはファミコンなのに戦闘シーンで敵のモーションが豊富で色違いの敵等の水増しがほとんど無く頑張っているのだが、その頑張っているモーションのせいでテンポが著しく悪くなってしまっている。しかもダンジョンはやたら広く、且つエンカウント率も高い。他は普通に安定した作品である。

システム的にも古く、装備品等は誰が装備出来てどれくらい強くなったのかいちいちステータスを確認しなければならない。

良い作品なんだけど今プレイするには辛いものがあると思います。


posted by デコ at 11:35| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

【FC】水戸黄門2 世界漫遊記

images.jpg
『水戸黄門2 世界漫遊記』

1988年にサンソフトから発売されたアクションアドベンチャーゲーム。

前作と同様に助さんまたは格さんを操作し、問題を解決していく。

その手法は町を歩いて情報や証拠品を集め、決められた期日までに悪人の真相を暴いて成敗していくというもの。

今作は水戸黄門なのに外国を舞台としているのが特徴。

アメリカでバッファローに体当たりされたり、ヨーロッパでドラキュラと対決したり何でもアリな設定です。
20110114004735c7c.png
体力もすぐ無くなってゲームオーバーになるのですが、このゲームは他にもゲームオーバー満載でして、まず夜になるとゲームオーバー。証拠品を間違って使うとゲームオーバー。証拠品を売ったらゲームオーバーとまぁ、ゲームオーバーには困らないシステムとなっています。

一応パスワードでのコンティニューも可能なのできちんと捜査していくうちにいつかはクリアできるハズです。

しかし、ストーリーもバカゲーを狙ったのかという展開が多く決してお勧めできるものではない。ネタには良いと思いますけど。


posted by デコ at 07:01| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする