2014年10月25日

【FC】スーパーマリオブラザーズ

ダウンロード.jpg
私とスーパーマリオ出会いは突然だった。
小学2年生の頃法事か何かで詳しくは忘れたが親戚が集まった。その時従兄弟がファミコンと一緒にスーパーマリオブラザーズを持って来たのだ。

初めは持って来た従兄弟が遊んでいたのだが、その画面を見た私は衝撃を覚えた。その鮮やかな綺麗な画面に!そして、聞こえてくるテンポの良いBGM。それまでテレビテニスしか知らない私にはファミコンという機械、それとスーパーマリオブラザーズの全てが新鮮だった。
ダウンロード (1).jpg
しばらくその従兄弟が遊んでいるのを真剣に眺めていたら、遊ばせてくれると言ってくれた。少し緊張しながらファミコンのコントローラを受け取った。

まずコントローラを受け取って最初に思ったことは『ボタンが多い!』ということだ。それまでボリュームつまみ1つしかないゲーム機で遊んでいたのだから当然であろう。従兄弟は親切にマリオの動かしかたを教えてくれた。こんなに沢山のボタンを操作してゲームが出来るのか少し不安もあったが、いざゲームスタートするとそんなことも言ってられない。

十字キーを慣れない手さばきで操作してマリオを動かすと敵(クリボー)が出てきた!ジャンプして交わさなければいけない。しかし、最初のクリボーにやられてしまった。このタイミング良くジャンプするという操作に慣れていなかったからだ。

その後交代で夢中になって遊び続け、途中穴に落ちたりパックンフラワーに噛まれたり色々あったが1-3位までは行ったと思う。

その後、時間が来てファミコンをやめたのだが、この先の面はどうなっているのかとても気になったものだ。スーパーマリオブラザーズには『テレビの画面の中にとてつもない世界が広がっている』という感じがした。

右に向かって颯爽と走り続けるマリオ。その世界観に魅了されたのだった。
posted by デコ at 08:15| Comment(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: