2014年10月26日

ファミコンが家にやって来た!

unnamed (1).jpg
小学生3年生のある日。我が家に突然あのファミコンがやって来た!親が買ってきたのである!2つ年上の兄と喜びで狂喜乱舞した。ゲームに興味のない親が買ってくるほどファミコンはブームになっていたのだ。当時の日本のバブル景気に乗っかってファミコンは売れに売れていた。

ゲームソフトも一緒に買ってきてくれた。『スーパーマリオブラザーズ』と、『ドラゴンクエスト2』である。

おそらく人気があるソフトということでこの2つを買ってきてくれたのだろう。しかし、ドラゴンクエスト2の方は当時RPGに興味がなく、未開封のままにして、他のソフトと交換してもらうことになった。それで我が家に来たのが『迷宮組曲』と、『ドラえもん』である。

今考えてみると一度買ったソフトを交換なんて出来るのか不思議である。それとこの時の親の選択はハズレが無い!名作ソフトばかりである。インターネット等の情報収集が無い世の中で、最高のチョイスである!

ファミコンとテレビの接続をやってもらった。今は中々見ないRF接続だ。

unnamed (2).jpg
テレビを2チャンネルにし、ファミコンのスイッチを入れると、見事にスーパーマリオブラザーズの画面が浮かび上がってきた!家でファミコンが出来るとは!この時の興奮は大変なものだった。
posted by デコ at 08:33| Comment(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: