2014年11月03日

【MSX】世界統一規格PC

unnamed.jpg
『MSX Panasonic FS-A1』

松下電器のPanasonicというブランドを冠した最初の製品。
この機種は兄が秋葉原で買ってきた。
当時8万円はしたMSX2だったが、FS-A1はMSX2規格に対応しており、29800円という当時のパソコンとしては破格の値段で発売され、MSXの普及に大きく貢献したらしい。
unnamed (2).jpg
我が家では数本のソフトがあったが、当時でもお世辞にも高機能とは言えない性能な為出番は少なく、ゲームをするならやはりファミコンが多かった。
unnamed.png
しかし、MSXはプログラムが組めるので
これでBASIC言語を学習し、ゲーム作りに目覚めた人も多くいた。

兄の友達でMSXでゲームを作っているということでカセットテープに記録されたプログラムをダビングし、遊ばせてもらったことがある。

そのゲームは5種類のキャラクターからそれぞれ3つのキャラクターを選び、RPGの戦闘シーンのような画面で、対人形式で戦うものだ。

これが中々ゲームバランスも良く出来ており面白かった。可能ならまた遊びたいものである。

posted by デコ at 21:07| Comment(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: