2015年06月07日

【FDS】夢工場ドキドキパニック

unnamed.jpg
『夢工場ドキドキパニック』

1987年に任天堂がディスクシステムで発売したアクションゲーム。

87年の夏に大坂と東京でフジテレビが『夢工場'87』というイベントを開催した。

今でいう『お台場冒険号』のパワーアップ版みたいなイベントだった。バブル景気真っ只中である。

私の家族はこの頃広島から千葉に引越ししてきたため、このイベントに行ったのである。

東京晴海で行われ、様々な企業のパビリオンが出ており、ちょっとした万博のような盛況ぶりだった。

会場まではまだ橋が掛かっていなかったのか、船で会場に向かった記憶がある。

そんな楽しい夢工場とコラボしたアクションゲームがこれである。

スーパーマリオのスタッフが製作したということで話題になっていたソフトである。

キャラクターは4人から選択出来、それぞれにジャンプ力や、持ち上げるスピードに違いがある。
unnamed.gif
このゲームの特徴として敵の上に乗り、持ち上げて投げて倒すという要素がある。

持ち上げて、抱えたまま歩くことも出来る。この要素が後にスーパーマリオの甲羅をもって歩く要素に繋がったと勝手に想像している。

ゲームの方もとても良くできており、素直に面白い。

海外ではこの作品のキャラクターをマリオに置き換え、スーパーマリオ2として発売している。

日本でもそのバージョンを『スーパーマリオUSA』として発売している。

しかし私の中では夢工場ドキドキパニックの方がしっくりくるのであった。

posted by デコ at 22:02| Comment(2) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も夢工場どきどきパニックがシックリきますねぇ

マリオUSAは夢工場どきどきパニックなんだよ?っと説明しても全く通じない、信じない若年層にはァ〜腹が立ったものでゴザイマス…
Posted by 弁当箱360 at 2015年06月08日 03:25
>弁当箱360さん
そうなんですよ!夢工場を知らない人はマリオUSAが本家だと思ってるんですよね。
マリオシリーズとしても違和感が無いくらい名作だと言うことなんですかね〜。
Posted by デコ at 2015年06月08日 07:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: