2015年07月27日

【MSX】シルビィアーナ

『シルビィアーナ』

さて、今日は趣向を変えて『シルビィアーナ』を比べてみよう。

比べるのはファミコン版とMSX2版である。

ファミコン版は1988年8月10日にディスクシステムで発売された。

対するMSX2版は1989年の9月15日に発売された。メディアはフロッピーディスク。

MSX2版
unnamed (1).jpg


ファミコン版
unnamed.jpg
まずパッケージであるが、あまり変化はない。絵描きさんも同一人物と思われる。

次にタイトル画面。

ファミコン版
unnamed.png


MSX2版
140601937433823523228_disk0_0006.png
unnamed (1).png
キャラクターのポーズは同じであるが、絵柄が異なる。ファミコン版も1988年にしては頑張って可愛く描かれているが、その1年後のMSX2版はアニメ調の絵柄となっている。より可愛くなった。

MSX2版ではストーリー部分や、ロード画面にもグラフィックが用意された。
140601949688143368228_disk0_0001.png
140601952515489892228_disk0_0002.png
140601955588797860228_disk0_0003.png
140601958116483265228_disk0_0004.png
unnamed (2).png
ん〜なかなか可愛いじゃないの。

ゲームの方は始まってしまえばファミコン版の方がスクロールが滑らかで快適にプレイできるが、音楽はFM音源に対応したMSX2版が良い。

約1年でビジュアルシーンについては大きく進歩しているという印象がある。

日本のゲームらしい進化をしたシルビィアーナなのでした。


【関連する記事】
posted by デコ at 17:00| Comment(0) | MSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: