2016年04月18日

【FC】シャーロック・ホームズ 伯爵令嬢誘拐事件

images.jpg
『シャーロック・ホームズ 伯爵令嬢誘拐事件』

1986年にトーワチキが発売したアクションアドベンチャーゲーム。

ホームズを主人公としたゲームなのだから素直に推理アドベンチャーにすれば良いものを何を血迷ったか横スクロールのアクションである。

セリフは全てカタカナで表記されており読みにくい。まあそれだけならリンクの冒険もカタカナだったし、この当時なら問題はない。

このゲームの問題はどうでもいい内容のセリフである。

どう考えても事件とは関係がなく、且つセンスもないセリフが多いのである。

しかも、ホームズは街の人に体当たりされると体力が減っていく。それも連続ヒットであっという間にゲームオーバーになることも多い。

ホームズ以外は敵なのである。中には拳銃で撃ってくる者も。

イギリスって怖いところなんだなぁ。
images.png
と言うか、ここまで街の人に攻撃を受けるとは本当はホームズが悪人なんじゃないの?

ちなみに銃弾を避けようとしゃがむとホームズの顔面に直撃!

立っていようがしゃがんでいようが銃弾には当たるのであった。じゃあ何でしゃがむアクションがあるんだホームズよ。

唯一ジャンプで避けることができるが、タイミングがシビアで非常に難しい。

一般人を蹴りまくりのホームズさん。

ファミコンでは有名なクソゲーとしての評価を得ている本作。

シャーロック・ホームズが好きな人ほどプレイしてはいけない。


posted by デコ at 14:30| Comment(2) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は推理アドベンチャーゲーム好きですが、何故アクション・・・しかもクソゲーとは。。。
Posted by furufuru at 2016年04月18日 17:35
>>furufuruさん
続編は普通のアドベンチャーゲームなんですが、この初代はなぜかアクションです。
しかも愛すべきクソゲー。
シャーロック・ホームズって確か原作では運動神経が良かったので、そこをゲーム化したのかな。
方向性が間違ってますよね。
Posted by デコ at 2016年04月19日 12:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: