2016年04月18日

【FC】シャーロック・ホームズ 伯爵令嬢誘拐事件

images.jpg
『シャーロック・ホームズ 伯爵令嬢誘拐事件』

1986年にトーワチキが発売したアクションアドベンチャーゲーム。

ホームズを主人公としたゲームなのだから素直に推理アドベンチャーにすれば良いものを何を血迷ったか横スクロールのアクションである。

セリフは全てカタカナで表記されており読みにくい。まあそれだけならリンクの冒険もカタカナだったし、この当時なら問題はない。

このゲームの問題はどうでもいい内容のセリフである。

どう考えても事件とは関係がなく、且つセンスもないセリフが多いのである。

しかも、ホームズは街の人に体当たりされると体力が減っていく。それも連続ヒットであっという間にゲームオーバーになることも多い。

ホームズ以外は敵なのである。中には拳銃で撃ってくる者も。

イギリスって怖いところなんだなぁ。
images.png
と言うか、ここまで街の人に攻撃を受けるとは本当はホームズが悪人なんじゃないの?

ちなみに銃弾を避けようとしゃがむとホームズの顔面に直撃!

立っていようがしゃがんでいようが銃弾には当たるのであった。じゃあ何でしゃがむアクションがあるんだホームズよ。

唯一ジャンプで避けることができるが、タイミングがシビアで非常に難しい。

一般人を蹴りまくりのホームズさん。

ファミコンでは有名なクソゲーとしての評価を得ている本作。

シャーロック・ホームズが好きな人ほどプレイしてはいけない。


posted by デコ at 14:30| Comment(2) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

【FC】燃えろ!!プロテニス

unnamed (1).jpg
『燃えろ!!プロテニス』

1988年にジャレコが発売したテニスゲーム。

『燃えろ!!シリーズ』の1本。

それまでのファミコンのテニスゲームにはなかった少しリアルなキャラクターと、審判が喋る事、あと変な箱がウリ。

こういう特殊な箱は収納に困るので迷惑でしかない。

同じシリーズの燃えろ!!プロ野球のような理不尽なバグはないので、ある意味肩透かしな作品ですが、選手の動きが異常に遅いなど、悪い部分もしっかり継承している。
images.jpg
足が遅いのに球は異様に早いなどゲームシステムには問題があり、そのため難易度は高い。

ファミコンにしてはグラフィックは頑張ったという他は特に取り上げるところは特にない(ブログの記事にするネタがない)困ったゲーム。


posted by デコ at 18:38| Comment(2) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

【FC】ダブルドラゴン

images.jpg
『ダブルドラゴン』

1988年にテクノスジャパンから発売されたアクションゲームで、アーケードからの移植である。

同社の『熱血硬派くにおくん』のシステムを流用したベルトアクションゲームで、一定数の敵を倒して進んでいくゲームである。

カプコンの『ファイナルファイト』みたいなゲームと言えば分かりやすいかな?

アーケードからの移植にあたり、ファミコン版では経験値システムが導入された。レベルを上げていかないと全ての技が使えない。
images (1).jpg
しかし、実質30分もあればクリアできる長さなので丁度良い感じである。

アーケードでは二人同時プレイが出来たが、このファミコン版では通常は一人だけで遊ぶゲームとなってしまっているが、対戦型アクションゲームとして二人同時に遊べるモードもある。

キャラクターを選択して対戦を開始するが、それぞれ違うキャラクターは選択できず、同キャラ対戦専用である。

ゲーム全般にわたり、音楽やグラフィックなどは良くできている印象を受ける。



posted by デコ at 10:52| Comment(2) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

【FC】キャプテン翼

images.jpg
『キャプテン翼』

1988年にテクモから発売されたサッカーゲーム。

ただのサッカーゲームではなく、リアルタイムシミュレーションというファミコンではこれまで無かったジャンルを産み出した。しかもその題材がサッカーというのも斬新だった。

ゲームの方はキャラクターを操作して行動コマンドを選ぶというものだが、ガッツという数値があり、それを消費しながら試合を戦っていく。
img_1.png
必殺シュートなども存在し、キャラクターの個性を存分に表現していたし、アニメーションするグラフィックが楽しいし、ゲーム自体も非常に出来が良い。

シナリオは原作に割りと忠実に出来ており、中学生〜Jr.ユースと続いていく。

1988年当時でも驚きのアニメーションであったこのゲーム、当初は1986年に発売予定だったそうな。86年にこのゲームが出ていたら衝撃以外の何物でもないだろう。


posted by デコ at 17:34| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

【FC】ジーキル博士の彷魔が刻

images.jpg
『ジーキル博士の彷魔が刻』

1988年に東宝から発売されたアクションゲーム。

ゲームのルールが難解で訳が分からず投げ出した人が続出したゲーム。

ゲームをスタートさせるとジーキル博士を右に動かす横スクロールアクションゲームと言うことがわかる。

LIFEとMETERという表示がある。

進んで行くと町の人達とすれ違うが、パチンコを撃ってくる少年の弾に当たるとMETERが溜まってくる。

そのまま進んで行くと今度はコートを着た男が何やら爆弾をセットし、爆発に巻き込まれてしまった。
images.png
またMETERが溜まったと思ったら突然荒廃した町のステージに変わり、主人公も変身し今度は強制左スクロールとなる。

主人公も攻撃ができるようになり、色々倒していくとMETERが減ってくる。

すると、またジーキル博士の姿に戻る。

それを繰り返していくうちに突然雷に打たれてゲームオーバーとなるのである。

どうやら、METERというのはストレスを表しており、ストレスが溜まるとハイド氏になるという人間の二面性を表したゲームなのである。

ハイド氏の姿でジーキル博士の到達地点まで達すると雷に打たれるということらしい。

なるべく攻撃が出来ないジーキル博士のままで進んでいく必要があり、プレイヤー自身がストレスと戦いながらプレイするというゲームだ。

お世辞にも面白いゲームではないが、変なゲームではあるので機会があればプレイしてストレスを溜めてみてはいかがだろうか。


posted by デコ at 11:03| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする