2016年02月18日

【FC】キャプテン翼

images.jpg
『キャプテン翼』

1988年にテクモから発売されたサッカーゲーム。

ただのサッカーゲームではなく、リアルタイムシミュレーションというファミコンではこれまで無かったジャンルを産み出した。しかもその題材がサッカーというのも斬新だった。

ゲームの方はキャラクターを操作して行動コマンドを選ぶというものだが、ガッツという数値があり、それを消費しながら試合を戦っていく。
img_1.png
必殺シュートなども存在し、キャラクターの個性を存分に表現していたし、アニメーションするグラフィックが楽しいし、ゲーム自体も非常に出来が良い。

シナリオは原作に割りと忠実に出来ており、中学生〜Jr.ユースと続いていく。

1988年当時でも驚きのアニメーションであったこのゲーム、当初は1986年に発売予定だったそうな。86年にこのゲームが出ていたら衝撃以外の何物でもないだろう。


posted by デコ at 17:34| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

【FC】ジーキル博士の彷魔が刻

images.jpg
『ジーキル博士の彷魔が刻』

1988年に東宝から発売されたアクションゲーム。

ゲームのルールが難解で訳が分からず投げ出した人が続出したゲーム。

ゲームをスタートさせるとジーキル博士を右に動かす横スクロールアクションゲームと言うことがわかる。

LIFEとMETERという表示がある。

進んで行くと町の人達とすれ違うが、パチンコを撃ってくる少年の弾に当たるとMETERが溜まってくる。

そのまま進んで行くと今度はコートを着た男が何やら爆弾をセットし、爆発に巻き込まれてしまった。
images.png
またMETERが溜まったと思ったら突然荒廃した町のステージに変わり、主人公も変身し今度は強制左スクロールとなる。

主人公も攻撃ができるようになり、色々倒していくとMETERが減ってくる。

すると、またジーキル博士の姿に戻る。

それを繰り返していくうちに突然雷に打たれてゲームオーバーとなるのである。

どうやら、METERというのはストレスを表しており、ストレスが溜まるとハイド氏になるという人間の二面性を表したゲームなのである。

ハイド氏の姿でジーキル博士の到達地点まで達すると雷に打たれるということらしい。

なるべく攻撃が出来ないジーキル博士のままで進んでいく必要があり、プレイヤー自身がストレスと戦いながらプレイするというゲームだ。

お世辞にも面白いゲームではないが、変なゲームではあるので機会があればプレイしてストレスを溜めてみてはいかがだろうか。


posted by デコ at 11:03| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

【FC】殺意の階層 ソフトハウス連続殺人事件

images.jpg
『殺意の階層 ソフトハウス連続殺人事件』

1988年にHAL研究所から発売されたアドベンチャーゲーム。

ファミコン時代には一般的だったコマンドを選択して話を進めいてくタイプだが、このソフトはコマンド1つに3分の時間を設けてあり、何も考えずに上から順番にコマンドを実行していくだけだと時間制限でゲームオーバーになってしまう。
images.png
他には重要な場面でも特にSEなど鳴らずに淡々と進んでいったり、犯人に尋問しても、証拠が揃っていないと証拠不十分でゲームオーバーとなる。

その為、難しいゲームとして有名であるが、『ミシシッピー殺人事件』のような理不尽な難しさではないので、何度かプレイを繰り返すうちにきっと事件を解決できるだろう。

知る人ぞ知る隠れた名作として評価されている。


posted by デコ at 18:15| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

【FC】ゴルゴ13 第一章 神々の黄昏

unnamed.jpg
『ゴルゴ13 第一章 神々の黄昏』

1988年にビック東海から発売された。

あの長寿連載漫画のファミコンゲーム。

主人公は『ゴルゴ13』ことデューク東郷であり、このゲームは彼を操作する。

ゲーム内容は横スクロールアクション、3Dシューティング、アドベンチャー、3Dダンジョンとバラエティーに豊かであるが、残念ながらその全て底が浅く中途半端な仕上がりとなっている。

しかも、敵が強すぎてゲームバランスも悪い。

このゲームの話題と言えば、ステージクリア時のちょっとしたお色気シーンと、ポーズしたとき流れるカラオケであろう。

お色気の方は所詮ファミコンなので期待は抱いてはいけない。『こどもはBボタンをおしてね』と表示され、スキップされるという無駄な機能を搭載している。
images (1).jpg
カラオケの方は画面一杯にゴルゴの鋭い眼光が表示された状態で歌詞が3番まで流れるというある意味拷問に近い状態で歌うことが出来る本格派。

変なところで完璧主義なビック東海なのでした。


posted by デコ at 16:00| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

【FC】谷川浩司の将棋指南II

images.jpg
『谷川浩司の将棋指南II』

1988年にポニーキャニオンから発売された将棋ゲーム。

いきなりIIかよ!と思ったら初代はMSXで発売されていたらしい。

いたって普通の将棋ゲームで、可もなく不可もない仕上がりである。

ファミコンには既に『森田将棋』が発売されており、将棋が好きなファミコンユーザーは森田将棋を買ったと思う。
images.png
しかし、ルールの変わらない将棋というジャンルに新作が出るとは将棋人口って多いんだと思う。NHKでも未だにテレビで放送しているし、羽生名人も話題になりましたしね。

私自身が将棋にあまり関心が無いため将棋の楽しさを伝えきれないのが残念です。

ディスクシステムでも同タイトルが出ていたみたいです。



posted by デコ at 17:05| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする